これからの教育はどこへ向かっていくのか…

家庭教育は生まれた時から

人が、始めて受ける教育を、家庭教育と言います。
家庭教育は、挨拶の仕方、服の着方、ご飯の食べ方、トイレのやり方、ストローの使い方などの生きて行くために必要な教育の事を言いますが、こう言った大人の私達には当たり前にできる日常的な事も生まれたばかりの赤ちゃんには、行うことができないのは当たり前ですが、大人が教えることで、自然に身に付ける事が可能です。
ですので、できないからと諦めずに、ゆっくりと個人差がありますので、子供に合わせたペースで教えることが、重要です。
子供は、できなかったり、怒られたりする事で、やりたくないと感じてしまい、やらなくなるという事もありますので、できたら褒めてできなかったら、勇気づける事が大切です。
このように、人は、生まれた時から様々な教育を受ける事で、私達が当たり前のように行うことができる挨拶や服の着方、ご飯の食べ方、トイレのやり方等を行うことが、できるのです。